『山裾のムギセンノウやイキシアとモンシロチョウや斑入りツルニチニチソウやピンクのジャーマンアイリスなど』

(↓山裾のムギセンノウ)
P4290414.JPG

P4290417.JPG

P4290399.JPG

P4290403.JPG

P4290398.JPG

P4290418.JPG

P4290413.JPG

(↓ムギセンノウの可愛い蕾)
P4290420.JPG

P4290421.JPG

(↓柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)の大きな葉の上のモンシロチョウ)
P4290408.JPG

(↓引いて左奥のぼんやりモンシロチョウと右側の咲き始めイキシアです。)
P4290410.JPG

(↓ぐーと引いて、右側に小さく見えるのがわかるでしょうか⁉)
P4290413.JPG

(↓山裾の斑入りツルニチニチソウ、右側の花びらの上に虫君も写りました。)
P4290383.JPG

P4290378.JPG

P4290382.JPG

P4290380.JPG

(↓山裾のピンクのジャーマンアイリス)
P4290393.JPG

P4290424.JPG

P4290394.JPG

P4290387.JPG

P4290396.JPG

今朝の話は、
広島市西区にお住まいの54歳の主婦の方の投稿文です。
良かったらご覧ください。

『母の突然の死』
 先日、最愛の母が突然この世を去った。
病院に入院してわずか6日だった。
夜中に病院と家の区別がつかなくなり、
隣に寝ているはずの父がいなくて探していたのか、
ベッドから転落して、それはひどい打撲と骨折が原因で亡くなった。
 入院前、家で一人になる父のことをとても気に掛けていた母。
自分の治療のストレスと重なって高齢者が、
入院中に発症しやすいといわれる意識が混濁するせん妄の症状が出たようだ。
 新型コロナウイルスの感染対策の影響で、
誰とも面会もできず心細かったと思う。
なぜ電話で話した時、母の不安な気持ちを見抜けなたかったのか。
なぜ転落を防げなかったのか。
私も後悔の毎日だ。
 治療のためには大事な入院でも、
高齢者にはとても危険を伴うことを改めて知った。
今後二度と母のような悲しい事故が起こらないことを切に願う。
新型コロナも収まり、早くいつもの平穏な日が訪れますように。

"『山裾のムギセンノウやイキシアとモンシロチョウや斑入りツルニチニチソウやピンクのジャーマンアイリスなど』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント